« 東京で 侘び 寂び | トップページ | またまたソラマチへ »

2013.06.25

ブルーライトの健康への影響

『UVディフェンス』人気商品に
Monuv_1_2
”ブルーライトに配慮した成分配合”ということで
発売早々、かなりの売れ行きです
==================
NHKニュース『おはよう日本』(2013.6.12放送)で
ブルーライトの健康への影響が紹介されていました。

簡単に内容をまとめると

ブルーライトは、パソコンだけではなく
スマートフォン、昼白色の蛍光灯、LED電球の出す光などにも多く含まれています。

このブルーライトの成分を多く含んでいる光を、特に夜、浴びすぎると、体に良くない影響が出る可能性があるということが、最近の研究で徐々に分かってきたそうです。

先日開かれた 「ブルーライト」についての国際シンポジウムでは

「ブルーライトは目だけでなく、体全体に影響を与える。」
「体に害を及ぼす可能性のあるブルーライトが周囲にあふれている。」

と報告されました。

ブルーライトが夜、長時間目に入ると、生活リズムをコントロールする体内時計が狂うという指摘もあります。

ある実験では
体内時計が狂ったマウスと、普通のマウスに塩分の多いエサを与えたところ、
体内時計が狂ったマウスだけが高血圧になりました。

京都大学大学院 岡村均教授
「体のリズムはいろいろな機能、肝臓・腸・腎臓・心臓など、そういう機能に直接つながってくる。
リズムの異常が続くと、生活習慣病がいちばん可能性がある。」
ということです。

ブルーライトは、夜間(特に寝る2時間前から)は減らすように心掛けましょう!

夜間、スマートフォンなどの明るさを1/3程度にする
寝室の照明は、暖かみのある電球色にする

体のリズムが狂わないように、出来ることは実践してみましょうね
・・・・・・・・・・・・・・・

Banner_24_2
1日1クリック!ありがとうございます☆

HP ⇒ スローエステ【 モン・プラース 】
携帯サイト
http://mon-place.net/

|

« 東京で 侘び 寂び | トップページ | またまたソラマチへ »

お店の情報 『モン・プラース』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。