« バナナはバナナ | トップページ | 《ラ・ヴィ・ドゥース ショコラプディング》 »

2009.01.27

ガムの効用・・ダイエット

昨日の朝日新聞夕刊より「よく噛めば脳が感じる」

食べ物をよく噛めば、脳が満腹を感じて少量でも満たされるという内容です。

「脳内ヒスタミン神経系」という仕組みで、味や食感の刺激が口に広がると脳内でヒスタミンが出る回路のスイッチが入り、食欲を抑えるホルモン「レプチン」と同じように働いてくれるそうです。

これを利用して、食前に10分位ガムを噛むことで満腹感を刺激し、食べ過ぎを防ぐのに利用します。

最新の研究では、この回路の活性化は内臓脂肪を燃やすのにもいいらしいです

2009_0127_114547sa3a0549 私も以前から、小腹が空いた時はガムを噛むようにしています。

すぐなくなるので、ボトルで常備していますよ

口寂しい時、それでほとんどの場合お菓子などに手を出さずに済んでいます

唾液も分泌されるので、雑菌から口内の粘膜を護ることもできて風邪の予防も期待できます。

赤ちゃんがよだれを出すのは、自分で雑菌から身を護っているのですね

外出中も口内の乾燥を防ぐために、よくガムを噛みます。

飴だとすぐなくなりますし、食べすぎると口内炎になりますからね。

ガムも利用しつつ、噛み応えのあるお食事メニューにして、脳も活性化しましょう (゚▽゚*)

|

« バナナはバナナ | トップページ | 《ラ・ヴィ・ドゥース ショコラプディング》 »

ココロとカラダ」カテゴリの記事

食 -food-」カテゴリの記事

ビューティー -beauty-」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガムの効用・・ダイエット:

« バナナはバナナ | トップページ | 《ラ・ヴィ・ドゥース ショコラプディング》 »